教育方針

方針

教育方針イメージ

私たちは、1993年の創立より一貫したキャッチフレーズは、[あなたの夢は何ですか? あなたの夢の実現に向けてお手伝いいたします。]です。キャッチフレーズとしては、ちょっと地味でしょうか?! ですが、これが私たちの生徒さんに対する思いです。

面白くなければ続かない。楽しくなければ活かされない。

楽しくなければ続かない。面白くなければ活かされない。

私たちが、幼児、小学低学年の英語に触れた手の子供たちに、特に心がけていることはまず英語のある環境が、楽しい面白いと感じてもらえること。そして好きになってもらいそれが継続すること。そのために私たちはかなりの部分の精力を注いでいます。それは小学生以上の大人までのクラスでも言える傾向ですが、型にはまったメソッドから離れることもしばしばあります。時として学習している感覚ではなくなるかもしれません。私たちが目指すものは教えるのではなく、生徒さん自身に気づいてもらう。生徒さんからすると自らが発見することです。

自ら気づくそれは学習の醍醐味ではないでしょうか。しかしながら、学年が上がれば上がるほど、覚えなければならないこともかなり増えてきます。その基礎知識があってこそ、高度な発見や気づきがあるのも事実です。ともするとただひらすら、無味乾燥に思える詰め込み学習に疲れてしまうこともあるでしょう。パソコンのダウンロードの様に頭の中へ短時間で記憶できたらどんなに楽でしょう。しかし、自ら気づくことの快感は生身の人間の特権であり、好奇心の原動力ではないでしょうか。覚えるにつれが発見につながるのであれば自主トレも面白くなるでしょう。私たちの理想としているのは、まさにこのことなのです。一つのエピソードをご紹介しましょう。『まだ3才の女の子ですが、アルファベットが何とか書けるようになりました。 だれに教えてもらったの? と聴くと、何と応えたと思いますか? 自信たっぷりに 自分で考えた!と言いました。これで良いのではないでしょうか!上出来です! これこそが私たちの意図するところです。

自らの夢へと

そして身についたものは活かしたくなり、それが自らの夢へと繋がってゆきます。それぞれが進む道もさまざまであり、どの道どの分野でもグローバル化と無関係ではありません。それぞれの世界を見つけ、巣立って行く生徒さん、すでに巣立って行った生徒さん、そして今まさに飛び回っている生徒さん、夢の大小にかかわらず私たちは皆さんの良きトレーナー、アドバイザー、サポーターであり続けたいと願っています。