Miss me, but let me go.

先日旧友から、アメリカに住んでおられる義姉の夫が亡くなり メッセージカードが届けられてきたとのこと、その中のある詩の翻訳を頼まれました。早速ネットで検索しましたところ、有名な弔いの詩であるらしく沢山原文は出てきました。 しかしながら、適当な日本語訳は見当たらなかったのとあまりに感動的な詩だったので、ここに掲載させていただきます。ご意見、ご感想をお待ちしております。

Miss Me, But Let Me Go.

 

When I come to the end of the road,

And the sun has set for me,

I want no rites in gloom-filled rooms,

Why cry for a soul set free?

Miss me a little–but not too long,

And not with your head bowed low;

Remember the love that we once shared

Miss me,but let me go.

For this is a journey that we all must take,

And each must go alone.

It’s all a part of the Master’s plan,

A step on the road to home.

When you are lonely and sick at heart,

Go to the friends we know,

And busy your sorrows in doing good deeds.

Miss me – but let me go.

Anonymous

 

私のことを忘れないでいてくれ、でも、もう行かなきゃ

 

人生の最終地点にたどりつき、私の太陽が沈んだとき

深い悲しみに満ちた部屋での儀式を私は望まない。

解放された自由な魂をなぜ嘆く

ほんの少し私を思っていてくれ、でも、そんなに長い間でなくていい。

そして、うなだれなくてもいい。

私たちが、かつて分かちあった愛を思い出してくれ。

私のことを忘れないでいてくれ、でも、もう行かなきゃ。

これはだれもが避けられない旅路、そしていつも一人で行かねばならない。

これは、すべての定めの一部

戻るべくふるさとへの一歩。

あなたが寂しく、めげるとき

私たちの知っている友達のところへ行きなさい

そしてあなたの悲しみを善意の行いの中に葬りなさい。

私のことを忘れないでいてくれ、でも、もう行かなきゃ。

 

作者不明 訳:手塚博夫

バレンタインがもうすぐ

はまもうすぐバレンタインですね。リーチ英会話教室では、小学生以下の皆さんを対象に、日頃皆さんの大事な人に向けてスモールプレゼント作りのお手伝いをいたします。楽しみにしていてください。w

児童英検受験受付いたします。

公益財団法人 日本英語検定協会主催の児童英語検定が2月2日より7日の間、全国一斉に行われます。当教室では日頃レッスン成果の見極め、また学習モチベーションアップのため、主に小学生対象に行っております。この児童英検は、合格不合格はない育成型テストで全員に成績証明書が与えられるものです。ぜひご理解のうえご賛同いただきます様お願い致します。 詳細申込につきましては別添の「児童英検じゅけんあんない」をおご覧になり、1月10日(土)までに当教室までご連絡ください。尚、申込は「児童英検じゅけんあんない」教室用申込用紙へ記入のうえ次回レッスン時に受験料を添えてお申込下さい。 受験グレードにつきましては当方で指定させていただきますが、ご希望に添えることもできますのでご相談ください。尚、申込みが1月10日を過ぎた場合においても、オンラインにて受験も可能ですので、お問い合わせください。